バイナリー失敗談

必勝法だと思った『マーチンゲール法』で一文なしに!バイナリーオプション惨敗!

投稿日:

マーチンゲール失敗談

世にはびこる、『必勝法』という甘い囁き…

中には本物もあるのかもしれませんが、その大半は詐欺や誇張されたキャッチコピーなのが現実です。

 

今回は、そんな『必勝法』の誘惑に負けて大失敗してしまった方の体験談を紹介します。

 

本物の必勝法は、仮に存在しても中々世に出てこないんだ。独り占めするのが一番儲かるからね。

 

投稿者プロフィール

フリーターの男性

加藤さん

30代男性 独身 フリーター

運送会社勤務 → ブラック過ぎて退職、現在フリーター。

正社員時代に貯めたお金で逆転に賭ける!

  • 時期:2016年
  • 投資経験:なし
  • 運用額:200万円
  • 損失額:200万円(200万円 → 280万円 → 0円)
この記事に出てくる用語

 

バイナリーオプション:FXのように『新規』→『決済』ではなく、『一定時間後のレートが上か下か』を予想する取引。時間や倍率は色々なルールがある。BOともいう。

マーチンゲール法:賭け金(ベット)のテクニック。次の章で詳しく解説。

ロット:1回あたり(最初)の掛金

ペイアウト:取引結果による払い戻し。賭け金に対する賞金の位置付け。

負けたら次は倍プッシュの『マーチンゲール法』

突然ですが、『マーチンゲール法』というテクニックをご存知ですか?

元々はFXではなくカジノなどの賭け事から生まれたテクニックなのですが、簡単に言うと・・・

  • 最初は少額の賭け金で勝負する
  • 買ったら、次も同じ額で勝負する
  • 負けたら、次は倍の額で勝負する
  • また負けたら、更に倍の額で、それでも負けたら、更に倍の額で・・・
  • 買ったら、賭け金を最初の額に戻す

という賭け方をする方法のことを言います。

 

ちょっと分かりづらいので、コイントスを例に説明しますね。

『コインを投げて、表が出たら賭け金が倍・裏が出たら没収』というルールのゲームがあったとします。

  • 最初に100円を賭けて、表が出れば200円ゲット。
  • プラス100円の利益です。

  • また100円を賭けて、裏が出たら100円マイナス。
  • 次は200円を賭けて、表が出たら400円ゲット。
  • 2回合わせて300円賭けて400円を獲得しているので、100円の利益。

  • また100円を賭けて、裏が出たら100円マイナス。
  • 次は200円を賭けて、裏が出たら200円マイナス。(合計-300円)
  • その次は400円を賭けて、裏が出たら400円マイナス。(合計-700円)
  • その次は800円を賭けて、表が出たら1,600円ゲット。
  • 合計1,500円賭けて1,600円獲得しているので、100円の利益。

気付きましたか?

どんなに連敗しても、表が出たらトータルで100円勝つように計算されているのです。

これを何十回、何百回も繰り返すことで、100円の利益を確実に積み上げていく…それがマーチンゲール法という戦略です。

 

賭け金 累計賭け金 勝った場合 差引利益
1 100 100 200 100
2 200 300 400 100
3 400 700 800 100
4 800 1,500 1,600 100
5 1,600 3,100 3,200 100
6 3,200 6,300 6,400 100
7 6,400 12,700 12,800 100
8 12,800 25,500 25,600 100
9 25,600 51,100 51,200 100

どんどん必要資金が膨らんでいきますが、そこまでに一回勝てればOK。

そのため、マーチンゲール法で戦うためには

  • 最初のロットを出来る限り小さくする
  • 最大で何回連続で負けるかを考える
  • その連敗に耐えるだけの資金を用意する

これらの点が非常に重要になってきます。

というか、これが全てです。

 

では、現実的には何連敗まで想定すればいいのでしょうか。

1回やって負ける確率が50%だとしたら、2連敗する確率は25%。

3連敗する確率は12.5%で…

回数 連敗する確率 累計賭け金
1 50.0000% 1
2 25.0000% 3
3 12.5000% 7
4 6.2500% 15
5 3.1250% 31
6 1.5625% 63
7 0.7812% 127
8 0.3906% 255
9 0.1953% 511
10 0.0976% 1,023
11 0.0488% 2,047
12 0.0244% 4,095

うん、10連敗する可能性は0.1%未満

ここが一つの目安かな!

 

実際の勝負に置き換えてルール化

私が当時使っていたのは海外の口座で、『1分後のレートが今より上か下かを予想する』いわゆるハイローでした。

勝てば1.88倍、負ければ没収。

期待値はマイナス(94%)ですが、短時間のハイローとしては最高水準です。

 

先程のルールにあてはめて考えると、10回チャレンジすると資金は最初の掛金の1,023倍必要です。

運用できるお金が200万円ほどありましたので、『1回20ドル』(約2,000円)でチャレンジすることに!

(海外口座なのでドル建てでした)

 

倍率2倍ではないので何回目で勝つかにもよりますが、1回勝てばおよそ1,500~1,800円くらい利益が出る計算です。

チャレンジは1回3分もあればできるので、負ける分を考えても寝る前に2時間も使えば10セットくらいはできるんじゃないでしょうか。

1回1,500円×10セット = 日給15,000円!

やばいなこれ、上手く行ったら仕事やめちゃおうかな~

…なんて、当時は考えていました。

 

また、買いか売りかは自分の感情が入らないようにコインを投げて決めることに。

表が出たら買い、裏が出たら売りです。

 

  • 1回20ドルからスタートし、負けるごとに倍に
  • 買ったらリセット、20ドルから再スタート
  • コイントスで表が出たら買い、裏が出たら売り
  • 1日2時間を目安に取引

ルールをまとめると、こんな感じです。

 

いざ挑戦、最初は順調だったが…!?

方針が決まったので、週明けから早速実践。

時々5連敗することもありましたが、ほとんど3~5回で回収できる感じ。

最初の見込み通り、均せば1セット10分くらいで順調に運用できていました。

 

運用から2週間くらい経った頃、初めて7連敗を経験しました。

想定の範囲内ですが、7連敗する確率は1%以下。

8回目の注文を入れる時はかなり緊張しましたね。

結果は何とか勝てましたが…凄い変な汗をかきました。

いくら1%以下と言っても、次で負ける確率は50%ですから…

 

その後の運用で、月に1,2度7連敗することはありましたが、それが最大でした。

およそ3ヶ月で80万円ほど利益が出て、「資金300万超えたら賭け金30ドルにしちゃおうかな~」なんて思い始めていましたね。

 

資金(万円) 賭け金(ドル) 利益(万円)
1ヶ月目 200 20 30
2ヶ月目 230 20 30
3ヶ月目 260 20 30
4ヶ月目 290 20 30
5ヶ月目 320 30 45
6ヶ月目 365 30 45
・・・ ・・・ ・・・ ・・・
12ヶ月目 800 80 120
・・・ ・・・ ・・・ ・・・
24ヶ月目 4115 410 615

当時はこんな感じで、『2年続ければ月収600万www』なんて妄想をしていました。

 

しかし、その次の月。

初めて8連敗をしたのです。

 

大丈夫、あと2回ある。

確率は3/4、オーケー勝てる戦いだ。

 

9回目の賭け金はおよそ5,000ドル。

50万円を賭けた大勝負…!

 

コイントス、裏、売り。

噛り付くように画面を見つめ、チャートの動きを追う。

悪くない、悪くない…

あと10秒…そのまま…

 

ストンッ

 

・・・

中に誰か入っているかのような反転。

 

残りあと1回…

1度に1万ドル、約100万円を賭けるこの恐怖…。

 

運命のコイントス。

再び裏、売り。

 

ボタンを押すのが怖い…

呼吸が止まっているのが分かる。

 

今度は画面を見ない。

吐きそうな緊張の中、ただ祈るように時間が過ぎるのを待つ…

 

もう充分経ったな…

 

さあ、運命の画面は…

 

ペイアウト:$0

(負け)

 

・・・

 

いや、まだだ!

 

ここまで積み上げた利益、80万円がある。

これで勝てば、約170万円。

元よりは減るが、もう一度やり直せる…

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

そうして私の貯金は消えました。

 

体験談のまとめ

  • 負ける度に賭け金を倍にする必勝法(?)『マーチンゲール法』
  • 10連敗する確率は0.1%未満なので、これに耐えられるよう計算して挑戦!
  • 最初の3ヶ月くらいは順調だったが、4ヶ月目で10連敗、更に最後の賭けにも負けて全てを失う…

 

初心者が引っ掛かる定番の一つだね。マーチンゲール。
(俺も昔やられた…)
一見すると『必勝法』に見えるし、確かに使い方によっては有効な方法なんだ。

 

でも、彼は大きなミスを3つ犯しているね。
3つも?

  • 確率を甘くみていた
  • 1.88倍という倍率を甘くみていた
  • 最後の賭けは冷静さを失っていた

この3つだね。

 

確率を甘くみていた

この体験談では『10連敗する確率は0.1%未満』という基準に則って、10回耐えられるようにロットの調整を行いました。

確かに、試行回数が少なければ充分な水準かもしれません。

 

しかし彼は『1日約10回』もの取引を行っていました。

月に200回、3ヶ月で600回もの取引です。

これだけの回数になると、例え0.1%の確率であっても無視できません。

0.01%の試行回数

このグラフは『0.01%の確率で○回挑戦したら、何%の確率で失敗するか』を表したものです。

(計算は1-0.999^nで求めることができます。)

 

  • 試行回数693回で50%
  • 試行回数1,609回で80%
  • 試行回数2,302回で90%
  • 試行回数2,995回で95%
  • 試行回数4,603回で99%

この投稿者の方はおよそ600回の取引をしていたので、単純計算で約5割の確率で破綻することになります。

つまり、運が悪かったのではなく『破綻すべくして破綻した』のです。

回数が多いと、0.1%でも馬鹿にできないね…
月に200回取引すると、年間2,400回。つまり90%以上の確率でアウト。
今回の体験談は4ヶ月目だったけど、まあ遅かれ早かれ破滅していただろうね。

 

では、彼はどのくらい安全を見ればよかったのか。

仮に年間2,400回取引したとして、どのくらいの確率で破綻したか計算してみましょう。

(1回の失敗確率 → 年間の失敗確率)

  • 0.1% → 90.94%の確率でアウト
  • 0.01% → 21.39%の確率でアウト
  • 0.001% → 2.37%の確率でアウト
  • 0.0001% → 0.24%の確率でアウト
  • 0.00001% → 0.0024%の確率でアウト
『0.001% → 2.37%の確率でアウト』この辺かなあ…
そうだね、年間2%の確率ならまあ許容範囲だね。10年続けても76%の確率でセーフ。
それでも76%…

 

では、1セットの失敗確率を0.001%以下に抑えられるように計算してみましょう。

具体的に言えば、10連敗ではなくもっと負けても耐えられる資金設定にする必要があります。

17連敗する確率は0.007629%なので、ここまで賭けられるように計算しましょう。

 

17回目までの累計賭け金は、最初のロットの131,071倍

最初の賭け金が100円だとしたら、約1310万円の資金が必要になります。

えっ…?

 

取引回数は仮に1日20回出来るとして、1日に得られる期待利益は2,000円、月間利益が4万円です。

年間48万円なので、年間収益率は3.66%。

あ、あれ…?
これなら配当とか米株の方がいいな
そうなんだ、これがマーチンゲール法の落とし穴なんだ。
しかも、実際にはこの4割くらいの利益になってしまうから、年間1.4%くらいの利益なんだ。これについては次の章で解説するよ。

 

ポイント!

  • 1回の利益が小さいため、試行回数を多くする必要がある
  • 試行回数が多くなるので、負ける確率が高くなる
  • 負ける確率が高くなるので、より多くの資金を用意しなくてはならなくなる
  • 多くの資金が必要なので、運用利回りが大幅に低下する

 

確かに必勝法かもしれないけど、負ける確率は思っているよりもずっと高くて、それを視野に入れると必要な資金は思っているよりもずっと多くて、結果として利回りは思っているよりもずっと低いんだ。
『正しく運用すると、意外と割に合わない。』これがマーチンゲール法の真実だよ。

 

1.88倍という倍率を甘くみている

確率論はここまでにして、次に期待値について注目していきます。

この投稿者の方は、ペイアウト1.88倍という設定を『ほぼ2倍』という感覚で運用しています。

しかし、これは危険です。

 

例えば、初回賭け金が100円だったと仮定して計算してみましょう。

  • 1回目:賭け金100円(累計100円) → ペイアウト188円(+88円)
  • 2回目:賭け金200円(累計300円) → ペイアウト376円(+76円)
  • 3回目:賭け金400円(累計700円) → ペイアウト752円(+52円)
  • 4回目:賭け金800円(累計1500円) → ペイアウト1,504円(+4円)
  • 5回目:賭け金1,600円(累計3,100円) → ペイアウト3,008円(-92円)
あれ、勝ってもお金が減ってる…?
そうなんだ、1回12円の歪みが、回を重ねるごとに段々大きくなっていくんだ。

 

まあでも、期待値的には『1回40円』くらいの利益にはなるから、これが原因でマイナスになることはないよ。
だから、年間1.4%になっちゃうんだ…

 

あれ?でも今回の体験談ではそこそこ利益出てたよね?
多分なんだけどね、実際はもっと取引してたんじゃないかな。倍近く。
そうすると、5割で破綻するんじゃなくて…
倍の1,200回だとすると約7割だね。なるべくしてなった、という感じだね。

 

ポイント!

  • ペイアウト1.88倍でマーチンゲール法をすると、期待値は最初のロットの約40%。
  • 88%だと思うと計算が大きくズレるので注意。

 

最後の賭けは冷静さを失っている

これはもう一言で済むんだけどさ、最後の80万円チャレンジはやめるべきだったね。
残った80万円で最初からやり直すべきだったってこと?
ここまでの話聞いてたかい?どうせまた破綻するよ。
じゃあ…
その80万円でもっと堅実な資産運用をするべきだったね。
仰る通りです。

 

まとめ

  • 確率を甘く見ていて、いずれは破綻する運命だった
  • 期待値計算もお粗末で、破綻しなくても狙った利益は出せなかった
  • マーチンゲールは、破綻リスクを抑えた設定にすると収益率が極端に低下して実用できるものではない
マーチンゲールの末路は『破綻』or『儲からない』の二つしかないんだ。

 

-バイナリー失敗談

Copyright© みんなの投資失敗談 , 2019 All Rights Reserved.